ミルク飲むパンダ柄ロップイヤーの赤ちゃん



かわいすぎる

ペットは、人の心を和ませたり楽しませてくれる、といった理由で人が飼っている動物のことである。人はペットとの様々なやり取りを楽しんだり、その姿や鳴き声などを鑑賞したりする。
ペットの歴史は古く、ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのような位置づけや、鼠の駆除などの実用目的で飼われていたことが推測されている。また犬に関しても、太古の昔から、実用と愛玩目的も兼ねて飼っていたことが推測されている。(→#ペットの歴史)
ペットは人間の日々の生活にかかわりのある動物なので、人間の生活サイクルに対応できる動物が好まれ、また人の生活と干渉し合わない動物を好む人もいる。
ペットは生命をもった生物であり、単なるモノとは異なり、栄養や環境など様々なことにそれなりに配慮する必要がある。人はペットの生存のためにエサを用意したり、ケージ、小屋、ベッド類などを用意するなど、様々な世話をする必要があり、その意味でペットは野生動物とは異なって人間との相互関係の中で生活している。
日本でペットを飼育する者は、動物の虐待の防止や公衆衛生の観点から、「動物の愛護及び管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などの法令により定められた義務を負う。
ペットを飼うことで、飼い主は癒し、孤独感の解消などが得られる。また愛情や思いやりの心などが育つなどの情操教育の効果もあるとされる。ペットは広い意味での飼い手の人生の質の向上に貢献している。(→#ペットがもたらすメリット)
ただし、ペットを飼うことに伴う様々な責任や困難を理解せずに飼ってしまうと、近隣や周囲の人々に迷惑を及ぼし、またペットそのものに害を及ぼすこともある。ペット飼育の入門書などでは、飼い主には飼い主としての良識やマナーや責任が求められている、と記述されたり、「マナーを守って上手にペットとの生活を楽しみましょう」といったことが記述されていることが多い。また、「一度飼い始めたペットは人間の都合で放棄してはいけません」「ペットは放棄できないというくらいの覚悟で飼いましょう」「命に対して責任を持ちましょう」といったことも書かれている場合がある。最近では動物愛護センターでも、飼い主に対してそうした説得を行うところも現れている。(→#ペットにまつわる諸問題)
ペットを飼うには様々な方法があり、ペットショップなどで購入する以外に、公共の収容センターなどの里親募集に応募する、知人のつてなどの方法がある。(→#ペットの求め方)
なお、ペットは基本的に人間(ヒト)が他の、主に動物を飼育し愛玩する対象とする・あるいはその対象となった動物の側をさす語ではあるが、一部の霊長類などのある程度高度な知性・情動がその行動に感じられる動物にあっては、異種の動物の特定の個体に対して、愛着を感じさせる行動を見せるケースも存在する。手話を理解したゴリラのココは、自身の欲求として子猫を飼いたいと表明、愛着を持って世話をし、更にはこの猫が交通事故にあって死んだ際には、深い悲しみを訴え泣いたことが伝えられている。


Tags
ロップイヤー, ペットと泊まれる温泉宿, ペットショップ, ペットのコジマ, ペットパラダイス, ペットな彼女, ペットのおうち, ジュエルペット, ひごペット

Related Videos